住宅についてのアレコレ|知って得する物件利用のコツ

Home

会社の種類

不動産売却の動向について

不動産を売る場合は、土地や住宅によっても違います。どの場合でも扱ってくれる不動産屋もありますが、土地だけや戸建てだけなどでしたら、それぞれ得意な会社もあるのでそちらで頼むのが良いでしょう。ですが、大体は土地と建物と一緒に売却したい場合が多いので、総合的に扱っている会社に頼む方が簡単に取引が済みます。不動産を売る時に、相続などの関係で急ぐ事も多いようです。その場合は、早く売って相続しやすい状態にしたいなどですが、あまり急ぎすぎると安く売却してしまう事になるかもしれません。もし急いでいても、買い手の言い値で売るよりは、何社か査定に出して見積もりをもらうのがおすすめです。また、売る相手が直接不動産屋だと仲介が無いので高く売れる事があります。

売る時の注意すべき点

不動産を売るときの注意点で、特に戸建てを売る時には必要書類の用意をしっかりしましょう。マンションなどでは、建築時の資料を保管してもらっている場合が多いですが、戸建てはその持ち主が保管している物だけになります。もし中古で購入した物件でしたら、売却に必要な書類を渡されているかを確認しておきます。家を立てたり購入した時のままでしたらいいのですが、増築や用途変更の為の工事をした場合、行政への申請をし、検査に合格しているかどうかも大切です。確認済証や検査済証が無いと、買い手が付きづらくなります。建築法が変更になっている部分もありますので、不動産会社の担当者に確認をした方が良いでしょう。売却前に知って改善する事で売りやすくなります。